雨樋の詰まりを直す方法

雨樋の詰まりの原因は何?

「雨樋が詰まって雨水が溢れたり、排水ドレンが詰まって雨水が流れなかったり溜まったりして困っているんだけど」

このようなご相談を数年前から多く頂くようになりました。

雨樋の詰まりの原因が落ち葉や泥、鳥の巣、飛来してきたゴミなどの堆積物であれば掃除で解消できます。

↓泥が詰まっている例↓

しかし最近増えている短時間に降る大量の雨が原因の場合はそうもいきません。

理由は現状の排水設備が対応しきれていないからです。

これまで建築基準法で想定していた雨量と、ここ最近の地球温暖化による集中豪雨(ゲリラ豪雨)や大きな台風がもたらす雨量は全く違います。

そのため以前の基準で設計された雨樋・排水ドレンでは、短時間に降る大量の雨水を流しきれず溢れさせてしまうのです。

 

集中豪雨がもたらす大量の雨水対策は?

雨樋や排水ドレンの改修が必要です。

対策例

雨樋や排水ドレンが細く小さい場合

建物を傷めずに排水ドレンの口径を大きくする穴を開け、防水層と一体型の排水ドレン、排水計算に基づいた大きさの雨樋と、建物の立地条件に合わせた排水カバーを取り付けます。

排水ドレン改修前

 

ダイヤモンドコア穴あけの機械で新規にドレン用の穴をあけます

 

新規ドレン取付け完了

 

より良い工事をスムーズに行う事を考え、当社では全ての工事を一括で請け負わさせていただくこともできます。

当社では、お客様に納得して頂ける工事を第一と心掛けております。

 

 

そんなに急ぐことはないんじゃないの?

雨樋や排水ドレンから排水しきれなかった水は、漏水や建物を破損させる原因になります。

雨漏りもそうですが、雨水は建物を弱らせます。

そのまま放置しておくと大規模な改修が必要になったりするのです。

 

↓↓↓早めの対策が最高の維持費対策です↓↓↓

 

 

 

これからも年々増えると言われている集中豪雨対策は、早めに行うことが最もコストの掛からない方法と言えます。

当社にご相談いただければ、排水量の計算に基づいた施工、状況に基づいた雨樋・排水ドレン周りの処理や設置、コスト面等も考慮した、ご信頼していただける最善のご提案をさせていただきます。

足場を組んでの全面大型改修も可能です

雨樋や排水ドレンの詰まりでお困りでしたら、まずは一度当社までご相談ください。

お見積り無料です!!!

下記のフォームからもお問い合わせができますので、必須事項をご記入の上ご送信ください。

 

コメントは受け付けていません。