屋上防水工事の費用は工法と材料費と下地処理で決まる

屋上防水工事の費用は何で決まるの?

屋上防水工事の費用は工法と材料費と下地処理で決まります。ですので、見積もりを取った時に、工法は塗膜防水なのか、シート防水なのか、材料はウレタンなのかFRPなのか塩ビシートなのか、下地処理を必要とする工事なのかを確認し、相場と照らし合わせてみましょう。

コチラも併せてお読みください
↓ ↓ ↓
屋上防水工事の種類や工法について

 

注意して頂きたいのが、相場より大幅に安い場合です。相場より大幅に高い業者はただのボッタクリ業者ですが、相場より大幅に安い業者も気をつけなければいけません。屋上防水工事は最後にトップコートを塗りますが、これを塗った後では、その下を確認することができません。

相場より大幅に安い業者は、必要十分な材料を使わずに手抜き工事をする可能性があります。相場より高い、安いの判断ができるように予めおおよその相場を知っておきましょう。

材料費の目安として下記の表も参考にしてみてください。

あれ?見積もりの単価と大分違う!など、これって本当に大丈夫なのかな?そんなご相談にも承ります。お気軽に当社までご連絡ください。

当社が技術の高い工事を業者価格で行える理由

当社の工事の流れ

事前調査

・建物の現状確認

詳細なお見積の提出

・掛かる費用のご説明
・掛けておくべき理由のご説明
・将来的な見通し、アフターケアのご説明

当社が材料費を安くできる理由

当社はメーカーや材料卸問屋と長年の信頼を築いており、材料を安価で仕入れることができます。その結果他社様より工事費を抑えられることを可能としております。ぜひ一度お見積のご相談をください。きっと喜んで頂けます。

適正な工事を適正な価格で行います。

足場を組んでの全面大型改修も可能です

屋上防水工事のお見積、ご相談無料です!まずは一度ご連絡ください!

下記のフォームからもお問い合わせができますので、必須事項をご記入の上ご送信ください。

 

コメントは受け付けていません。