屋上防水工事を発注する前に知っておきたい3つのポイント

屋上防水工事をお考えのマンションオーナー様

株式会社アップタウンと申します。当社は屋上防水工事を東京都で100年営んでいる屋上防水のプロです。

東京都練馬区はもちろんのこと、板橋区、中野区、北区、杉並区、西東京市などの練馬区周辺だけでなく、東京都内全域、埼玉県新座市や朝霞市をはじめとした埼玉県全域のマンションオーナー様にご愛顧頂いております。

本日は皆様に見積もりを取る前に知っておくと得をする3つのポイントをご紹介いたします。

これを知っておくと、100万円以上の損をしなくて済みます。

↓当社施行後↓

 

今すでに雨漏りで困ってるの!

そんなマンションオーナー様は、まずは下記までお気軽にお問い合わせください。現場の状態を見ながら、3つのポイントをご説明いたします。

屋上防水工事のお見積、ご相談無料です!まずは一度ご連絡ください!

下記のフォームからもお問い合わせができますので、必須事項をご記入の上ご送信ください。

 

屋上防水工事を発注する前に知っておきたい3つのポイント

普段何か買い物をする時には、実店舗に行ったり、インターネットで調べたりして、一番良いものを安く買いたいという方が多いかと思います。しかし、屋上の防水工事となると、どういったものが良いのかよくわからず、適当に選んだ業者任せになり、高いのか安いのかもわからず、結果的に「高い勉強代」を払うことになったそんなお話をよくオーナー様からお聞きします。そうならない為に、これから屋上防水工事をする前に知っておきたい3つのポイントをご紹介します。

1、工事内容を知っておくこと

工事内容を全く知らずに契約をすると、その工事自体の相場を知らずにお金を支払うことになり、高い勉強代を支払うことになりかねません。防水工事は大きく分けて3つの方法がありますので、現在の状況に合った工事方法はどれなのか参考にしてみてください。

2、工事費用の相場を知りましょう

防水工事の費用は大まかに3つの費用で決まります。

①下地の処理費用

工事を行う場所の環境や形状、水がたまりやすい、凹凸がある、傾斜の有無などを調べます。

施工前に処理が必要であれば、費用が掛かることがあります。

②各防水工法の費用

ウレタン防水にするのか、塩ビシート防水にするのかなど、工事方法によって費用は変わります。

どの工法もメリット、デメリットがありますので、それぞれの工事方法を理解し、最適な方法を選択します。

誤った工法を用いることで、高い勉強代を支払うことになってしまいます。

信頼のできる業者を探すことが大切です。

③材料費

材料費とは塗膜防水であれば塗膜、シート防水であればシートの値段のことです。

安く済ませようと薄くすれば、剥がれたり、破れたりして防水効果が薄れ、却ってメンテナンス費用がかさんでしまうことも。

逆に、必要以上の厚さにしても費用がかさんでしまいますので、工事業者に状況や要望を説明し、どの材料をどの程度使うのか決めましょう。

工法の違いによる単価の目安を知っておきましょう。下記の表は1㎡あたりの防水工事費用の目安になります。

3、結果的に屋上防水工事費用を安く済ませるには

屋上防水工事の費用を長い目で見た時に安く済ませるには、現在の状態を見てベストな工法を選ぶことです。

安いからといって、数年も経たずに再工事をすることになれば工事費用は高くつくことになります。だからと言って、必要以上の材料を使い、高い工事をするのももったいありません。

屋上の状態、形状に合った防水工事を施工することで、結果的に工事費用を抑えるご提案を差し上げます。

※当社はメーカーと連盟の保証書を付けることも可能です。

↓屋上防水工事の株式会社アップタウン 通話料無料です↓

下記のフォームからもお問い合わせができますので、必須事項をご記入の上ご送信ください。

 

コメントは受け付けていません。